本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

「フォーカス」に対抗し村西とおるが「スクランブル」創刊

公開日: 更新日:

 我らが巨乳マイスター野田義治は根っからの雑誌好きであり、古くからの盟友である全裸監督・村西とおるも雑誌に淫するがごとき愛書家である。

 1982年秋、新潮社から出ていたフォーカスが100万部に迫る勢いで、隠し撮りやスクープ写真に夢中になる読者が激増、朝の通勤電車内には発売日の金曜日、20人以上がフォーカスを広げる光景が現出した。

 ビニ本・裏本で大儲けした村西とおるは「新英出版」というまともな出版社を立ち上げ、フォーカスの二番煎じを創刊しようと企てた。取材で知り合った私が編集長に推され、高田馬場の大交差点付近の新築マンションで編集部を立ち上げ、「スクランブル」という写真隔週誌を創刊することになった。

 急造編集部ゆえに、編集未経験者がほとんどで、カメラマンも報道系ではなく、スーパーのチラシを撮る物撮りカメラマンだったり、アイドルおたくの早大生だったりした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る