北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

泉屋アイナ 癒やし系グラドルが「貝殻ニップレス」に挑戦

公開日: 更新日:

泉屋アイナ(いずみや・あいな、年齢非公開、長崎県出身、T169、B95、W63、H94 )

 自らリクエストして実現した貝殻ニップレス姿が強烈インパクト。DVDパッケージの表紙を飾り、イベントでも披露してくれちゃいました。

 アイドル写真集史上、伝説となっている武田久美子サンの貝殻ビキニ「My Dear Stephanie」(1989年)が憧れで、今回インスパイアされたのだそうです。私が取材してきた記憶ではその後、鈴木ふみ奈サンも写真集「Maganda!」(2016年)で貝殻ビキニになってイベントに登場したことがありました。

 貝殻衣装に関しては、浜田翔子サンもDVD「こいごころ」(2016年)の中で披露し、当時は「ハマグリで代用可能か?」「アサリはどうか?」「シジミは無理」など、話題になりました。

 最近では超ハイレグ変形衣装とともに、グラドルDVDの主流となっている「デザインニップレス系」ですが、ついに発売記念イベントの撮影タイムにも登場しちゃったわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る