北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

丹由美子 無邪気な笑顔がヤバい“童顔巨乳系”の逸材です!

公開日: 更新日:

丹由美子(たん・ゆみこ=25歳、T157・B90・W60・H88)

 25歳にしてグラビア進出。それまでは舞台や映画での女優活動が中心だったそうです。

 それにしても童顔巨乳系の逸材ではないですか! 直接お会いして無邪気な笑顔を見せられたら……もし、制服姿だったら、JKは問題ない、JCでもいけちゃいそう。

 なぜか今回の作品では、サンプル映像にもパッケージの写真にも制服姿がないので、入っていないようなのは……もしかして制服NGなのでしょうか。

 なんか、朝ドラとかで重要な役をやれる逸材だと思うのですが、いかがでしょうか。NHKといえば、連続テレビ小説でも大河ドラマでも20代半ばの女優さんに10代前半の設定まで演じさせるのが好き。そんな起用の仕方にばっちりハマり、違和感なく演じられちゃうと思うのです。

 そして今回の作品、丹由美子1stイメージDVD「ミルキークイーン」(アイドルワン)ですが、朝から夜まで宮古島デート的内容。朝ベットのノーブラカーディガンから……ハイレグ白ワンピース水着でプール。赤の極小ビキニでビーチではしゃいだり。白のメイド姿でお風呂掃除からシャワー。洗車からの小さめボーダービキニ。そして夜のシーンで、ベッドのセクシー黒ランジェリーなどの内容になっているようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る