今さら聞けない 「NISA 」(非課税制度)のメリット、デメリット

公開日: 更新日:

 定年を迎えて退職金をもらい、やがては年金生活者の仲間入り。とはいえ、孫たちには小遣いをあげたいし、年に1、2回の旅行を楽しみたい。それには、貯蓄や退職金等を上手に運用して利益を上げるのもひとつの方法だが、気になるのは、常に余計な税金がつきまとうこと――。

 そんな手持ちの資金に余裕のある中流階層を相手にした「NISA」(少額投資非課税制度)が、来年1月1日からスタートする。英国が1990年に導入した「ISA」(個人貯蓄口座)をモデルにした「NISA」とは、どのような制度なのか。

 上場株式等の売却金や配当金にかかる税金は、10.147%。これが来年以降約2倍の20.315%にハネ上がる。

 10月1日から口座開設手続きが始まっている「NISA」は、この課税を年間100万円までの投資で得られた利益は「ゼロ円」にしようというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る