今さら聞けない 「NISA 」(非課税制度)のメリット、デメリット

公開日:  更新日:

 定年を迎えて退職金をもらい、やがては年金生活者の仲間入り。とはいえ、孫たちには小遣いをあげたいし、年に1、2回の旅行を楽しみたい。それには、貯蓄や退職金等を上手に運用して利益を上げるのもひとつの方法だが、気になるのは、常に余計な税金がつきまとうこと――。

 そんな手持ちの資金に余裕のある中流階層を相手にした「NISA」(少額投資非課税制度)が、来年1月1日からスタートする。英国が1990年に導入した「ISA」(個人貯蓄口座)をモデルにした「NISA」とは、どのような制度なのか。

 上場株式等の売却金や配当金にかかる税金は、10.147%。これが来年以降約2倍の20.315%にハネ上がる。

 10月1日から口座開設手続きが始まっている「NISA」は、この課税を年間100万円までの投資で得られた利益は「ゼロ円」にしようというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る