今さら聞けない 「NISA 」(非課税制度)のメリット、デメリット

公開日:  更新日:

 定年を迎えて退職金をもらい、やがては年金生活者の仲間入り。とはいえ、孫たちには小遣いをあげたいし、年に1、2回の旅行を楽しみたい。それには、貯蓄や退職金等を上手に運用して利益を上げるのもひとつの方法だが、気になるのは、常に余計な税金がつきまとうこと――。

 そんな手持ちの資金に余裕のある中流階層を相手にした「NISA」(少額投資非課税制度)が、来年1月1日からスタートする。英国が1990年に導入した「ISA」(個人貯蓄口座)をモデルにした「NISA」とは、どのような制度なのか。

 上場株式等の売却金や配当金にかかる税金は、10.147%。これが来年以降約2倍の20.315%にハネ上がる。

 10月1日から口座開設手続きが始まっている「NISA」は、この課税を年間100万円までの投資で得られた利益は「ゼロ円」にしようというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る