日本企業に蔓延する“なんちゃって女性活用”のあきれた実態

公開日:  更新日:

 安倍政権が成長戦略の柱のひとつとして、「女性活躍推進」(通称ジョカツ)を叫んで以来、女性管理職の登用、「働く母」を支援する各種人事制度の整備などを推進する会社が増えている。

 ジョカツに成功した企業は、経済産業省に「なでしこ銘柄」と認定され、褒めてもらえる。すでにマルハニチロ、東レ、花王、日産自動車など17社が認定された。

 まあ、カタカナやはやり言葉を使った国の政策にロクなものはないが、国のお墨付きがあったり、日経ウーマンが選ぶ「女性が活躍する会社ランキング」に選ばれたりすれば、確かに優秀な女子学生がエントリーしてくる。

 そんなもくろみもあり、上場企業の多くは「ダイバーシティー推進室」などを設置。経営、人事、広報と総出で「わが社のジョカツ」のアピール合戦が止まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る