日本企業に蔓延する“なんちゃって女性活用”のあきれた実態

公開日:  更新日:

 安倍政権が成長戦略の柱のひとつとして、「女性活躍推進」(通称ジョカツ)を叫んで以来、女性管理職の登用、「働く母」を支援する各種人事制度の整備などを推進する会社が増えている。

 ジョカツに成功した企業は、経済産業省に「なでしこ銘柄」と認定され、褒めてもらえる。すでにマルハニチロ、東レ、花王、日産自動車など17社が認定された。

 まあ、カタカナやはやり言葉を使った国の政策にロクなものはないが、国のお墨付きがあったり、日経ウーマンが選ぶ「女性が活躍する会社ランキング」に選ばれたりすれば、確かに優秀な女子学生がエントリーしてくる。

 そんなもくろみもあり、上場企業の多くは「ダイバーシティー推進室」などを設置。経営、人事、広報と総出で「わが社のジョカツ」のアピール合戦が止まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る