「英語公用語化」が叫ばれて3年…導入企業はその後どうなった?

公開日: 更新日:

「英語公用語化」が叫ばれてから3年。TOEIC700点以上のノルマ達成に必死だった当時30代後半のサラリーマンは今が管理職適齢期だが、この3年は“ムダ骨”だったようだ。

「わが社の英語公用語化は、社内ではすでに有名無実化しています。TOEICのノルマを達成できなければ出世できないという人事制度も、機能していません。ただ、英語公用語化を声高にアナウンスした手前、それを決して公にはできません。世間の笑いものになってしまいますから」

 ある大手企業の社員がこう語る。この会社、英語公用語化宣言から約1年間は、会議やプレゼンで英語が飛び交い、社員の英語勉強熱も凄まじかったが、1年も経つと会社の雰囲気は一変。社内には、英語力が高くても仕事ができない社員ばかりが幅を利かすようになった。

 同社の人事部員が、苦笑まじりに漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る