• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「英語公用語化」が叫ばれて3年…導入企業はその後どうなった?

「英語公用語化」が叫ばれてから3年。TOEIC700点以上のノルマ達成に必死だった当時30代後半のサラリーマンは今が管理職適齢期だが、この3年は“ムダ骨”だったようだ。

「わが社の英語公用語化は、社内ではすでに有名無実化しています。TOEICのノルマを達成できなければ出世できないという人事制度も、機能していません。ただ、英語公用語化を声高にアナウンスした手前、それを決して公にはできません。世間の笑いものになってしまいますから」

 ある大手企業の社員がこう語る。この会社、英語公用語化宣言から約1年間は、会議やプレゼンで英語が飛び交い、社員の英語勉強熱も凄まじかったが、1年も経つと会社の雰囲気は一変。社内には、英語力が高くても仕事ができない社員ばかりが幅を利かすようになった。

 同社の人事部員が、苦笑まじりに漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る