「英語公用語化」が叫ばれて3年…導入企業はその後どうなった?

公開日:  更新日:

「英語公用語化」が叫ばれてから3年。TOEIC700点以上のノルマ達成に必死だった当時30代後半のサラリーマンは今が管理職適齢期だが、この3年は“ムダ骨”だったようだ。

「わが社の英語公用語化は、社内ではすでに有名無実化しています。TOEICのノルマを達成できなければ出世できないという人事制度も、機能していません。ただ、英語公用語化を声高にアナウンスした手前、それを決して公にはできません。世間の笑いものになってしまいますから」

 ある大手企業の社員がこう語る。この会社、英語公用語化宣言から約1年間は、会議やプレゼンで英語が飛び交い、社員の英語勉強熱も凄まじかったが、1年も経つと会社の雰囲気は一変。社内には、英語力が高くても仕事ができない社員ばかりが幅を利かすようになった。

 同社の人事部員が、苦笑まじりに漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る