SNS就活で話題になった“ソー活” あっという間に廃れていた

公開日:  更新日:

 SNSとスマートフォンの普及が急速に進み、11年ごろから話題になった「ソー活」。ソーシャルメディア就職活動の略で、企業の採用担当者がフェイスブックやツイッターで情報を発信、就活学生はそれらに対して「いいね!」ボタンを押したり、コメントするシステムだったが、2年たった今年の就活では、もう廃れていた――。

 MMD研究所が今年5月31日から6月4日にかけて、13年4月に就職した新社会人に「就活に関する情報をどのように収集していたか」と聞いたところ、「マイナビやリクナビなどの就職情報サイトを活用」が66・7%で最も多く、次いで「大学のキャリアセンター就職課を活用」が48・5%、「企業ホームページを閲覧」が41・9%だった。

 何と、「ツイッターやフェイスブックなどソーシャルメディアを使って」は、たったの8・4%しかない。

 今年3月に、14年春新卒者の就職活動が本格化する際には、新聞やテレビがこぞって「ソー活が急激に普及」と騒いだが、実はまったく盛り上がっていなかったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る