“予備軍”はどこにでもいるが…セクハラで糾弾される男の傾向は?

公開日: 更新日:

 突然、週刊朝日の編集長(53=朝日新聞から出向)が更迭された上、懲戒解雇となった。一部報道では、酔った勢いで常習的に女性記者の胸を揉んだり、テーブルの下からスカート内に手を差し入れてきたという。

 理由はどうあれ、彼は1500万円を超す年収と退職金、家族の信頼まで失ったことになる。

 だが、似たようなことをやっている男性は、他の会社にもいる。しかし、全員が全員、レッドカードで退場というわけではない。「女に突き出される男」「ギリギリセーフ男」はどこが違うのか?

「よく言われるのが、ビジュアルです。木村拓哉だったら何をやってもおとがめなしで、キム兄(木村祐一)なら許されないというもの。でも、事実はそうではありません。<女性を差別するか、しないか>です」(女性ライター)

 セクハラに詳しい人事コンサルタントもこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る