“予備軍”はどこにでもいるが…セクハラで糾弾される男の傾向は?

公開日: 更新日:

 突然、週刊朝日の編集長(53=朝日新聞から出向)が更迭された上、懲戒解雇となった。一部報道では、酔った勢いで常習的に女性記者の胸を揉んだり、テーブルの下からスカート内に手を差し入れてきたという。

 理由はどうあれ、彼は1500万円を超す年収と退職金、家族の信頼まで失ったことになる。

 だが、似たようなことをやっている男性は、他の会社にもいる。しかし、全員が全員、レッドカードで退場というわけではない。「女に突き出される男」「ギリギリセーフ男」はどこが違うのか?

「よく言われるのが、ビジュアルです。木村拓哉だったら何をやってもおとがめなしで、キム兄(木村祐一)なら許されないというもの。でも、事実はそうではありません。<女性を差別するか、しないか>です」(女性ライター)

 セクハラに詳しい人事コンサルタントもこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る