• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“予備軍”はどこにでもいるが…セクハラで糾弾される男の傾向は?

 突然、週刊朝日の編集長(53=朝日新聞から出向)が更迭された上、懲戒解雇となった。一部報道では、酔った勢いで常習的に女性記者の胸を揉んだり、テーブルの下からスカート内に手を差し入れてきたという。

 理由はどうあれ、彼は1500万円を超す年収と退職金、家族の信頼まで失ったことになる。

 だが、似たようなことをやっている男性は、他の会社にもいる。しかし、全員が全員、レッドカードで退場というわけではない。「女に突き出される男」「ギリギリセーフ男」はどこが違うのか?

「よく言われるのが、ビジュアルです。木村拓哉だったら何をやってもおとがめなしで、キム兄(木村祐一)なら許されないというもの。でも、事実はそうではありません。<女性を差別するか、しないか>です」(女性ライター)

 セクハラに詳しい人事コンサルタントもこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る