“予備軍”はどこにでもいるが…セクハラで糾弾される男の傾向は?

公開日:  更新日:

 突然、週刊朝日の編集長(53=朝日新聞から出向)が更迭された上、懲戒解雇となった。一部報道では、酔った勢いで常習的に女性記者の胸を揉んだり、テーブルの下からスカート内に手を差し入れてきたという。

 理由はどうあれ、彼は1500万円を超す年収と退職金、家族の信頼まで失ったことになる。

 だが、似たようなことをやっている男性は、他の会社にもいる。しかし、全員が全員、レッドカードで退場というわけではない。「女に突き出される男」「ギリギリセーフ男」はどこが違うのか?

「よく言われるのが、ビジュアルです。木村拓哉だったら何をやってもおとがめなしで、キム兄(木村祐一)なら許されないというもの。でも、事実はそうではありません。<女性を差別するか、しないか>です」(女性ライター)

 セクハラに詳しい人事コンサルタントもこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る