日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップは「夜景」だが…クリスマスディナー、女性の本音はどこ?

「クリスマスのディナーは、夜景の見えるレストランで」

 口コミグルメサイト「Retty」が行った店選びに関する意識調査で、女性がこんなデートを望んでいることが明らかになった。調査は、20~50代の男女合計100万人の会員が対象。「レストランデートでときめいたことがあるか」という質問に、女性の87%が「ある」と回答したという。

「ときめきの要素は何か」という質問には、女性の35%が「夜景」と答えている。これに、「サービスのレベル」(17%)、「個室」(15%)、「照明が暗い」(14%)が続いた。バブル時代を思い起こさせるような結果だ。今も昔も、デートのときの女性はシンデレラでいたいようだ。

■女性の想像を超える店を選ぶ

 大事にされたいという女心は分からなくもないが、やはり男性が気になるのは女の理想ではなく、“成果”に結びつくホンネのほう。その点では、この結果をうのみにしてはいけないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事