年末年始の疲れを癒す…ぐっすり眠れる格安「快眠ホテル」

公開日: 更新日:

 忘年会のスケジュールがボチボチ。帰宅が遅い日が続くと、睡眠不足が悩みのタネ。そんな人は、通常のホテル以上に睡眠環境にこだわった“快眠ホテル”に泊まってみては?

 睡眠コンサルタント・友野なお氏が言う。
「ぐっすり眠れる環境とは、(1)静かな空間(2)暗めの暖色系の照明(3)体にフィットする柔らかくて軽い掛け布団(4)自分に合った枕(5)香りの良い入浴剤(6)加湿器(7)長袖・長ズボンのパジャマ(8)ノンカフェインの飲み物、などです。これらが備わっていれば、理想のホテルと言っていいでしょう」

 どんなホテルがあるのか探してみると――。

■枕の抱き心地が違う

 コンフォートホテルは「横浜関内」「成田」「大阪心斎橋」など7店舗に、快眠客室「ひつじルーム」を設置する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  7. 7

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  8. 8

    宇垣美里の加入で オスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速

  9. 9

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  10. 10

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る