日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年末年始の疲れを癒す…ぐっすり眠れる格安「快眠ホテル」

 忘年会のスケジュールがボチボチ。帰宅が遅い日が続くと、睡眠不足が悩みのタネ。そんな人は、通常のホテル以上に睡眠環境にこだわった“快眠ホテル”に泊まってみては?

 睡眠コンサルタント・友野なお氏が言う。
「ぐっすり眠れる環境とは、(1)静かな空間(2)暗めの暖色系の照明(3)体にフィットする柔らかくて軽い掛け布団(4)自分に合った枕(5)香りの良い入浴剤(6)加湿器(7)長袖・長ズボンのパジャマ(8)ノンカフェインの飲み物、などです。これらが備わっていれば、理想のホテルと言っていいでしょう」

 どんなホテルがあるのか探してみると――。

■枕の抱き心地が違う

 コンフォートホテルは「横浜関内」「成田」「大阪心斎橋」など7店舗に、快眠客室「ひつじルーム」を設置する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事