• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年末年始の疲れを癒す…ぐっすり眠れる格安「快眠ホテル」

 忘年会のスケジュールがボチボチ。帰宅が遅い日が続くと、睡眠不足が悩みのタネ。そんな人は、通常のホテル以上に睡眠環境にこだわった“快眠ホテル”に泊まってみては?

 睡眠コンサルタント・友野なお氏が言う。
「ぐっすり眠れる環境とは、(1)静かな空間(2)暗めの暖色系の照明(3)体にフィットする柔らかくて軽い掛け布団(4)自分に合った枕(5)香りの良い入浴剤(6)加湿器(7)長袖・長ズボンのパジャマ(8)ノンカフェインの飲み物、などです。これらが備わっていれば、理想のホテルと言っていいでしょう」

 どんなホテルがあるのか探してみると――。

■枕の抱き心地が違う

 コンフォートホテルは「横浜関内」「成田」「大阪心斎橋」など7店舗に、快眠客室「ひつじルーム」を設置する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る