年末年始の疲れを癒す…ぐっすり眠れる格安「快眠ホテル」

公開日: 更新日:

 忘年会のスケジュールがボチボチ。帰宅が遅い日が続くと、睡眠不足が悩みのタネ。そんな人は、通常のホテル以上に睡眠環境にこだわった“快眠ホテル”に泊まってみては?

 睡眠コンサルタント・友野なお氏が言う。
「ぐっすり眠れる環境とは、(1)静かな空間(2)暗めの暖色系の照明(3)体にフィットする柔らかくて軽い掛け布団(4)自分に合った枕(5)香りの良い入浴剤(6)加湿器(7)長袖・長ズボンのパジャマ(8)ノンカフェインの飲み物、などです。これらが備わっていれば、理想のホテルと言っていいでしょう」

 どんなホテルがあるのか探してみると――。

■枕の抱き心地が違う

 コンフォートホテルは「横浜関内」「成田」「大阪心斎橋」など7店舗に、快眠客室「ひつじルーム」を設置する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  2. 2

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  3. 3

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る