日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アベノミクスの後遺症 クリスマスケーキが高騰する!?

 街にクリスマスムードが漂い始めた。ツリーやイルミネーションが飾られ、サンタクロースのぬいぐるみも見かけるようになった。

 でも、今年は心配なことがある。クリスマスケーキの高騰だ。なにしろ、原材料となる小麦や砂糖、乳製品、鶏卵などは値上げラッシュ。10月から、政府が製粉会社に引き渡す小麦価格は4%上がった。牛乳の出荷価格も1~4%値上がりし、砂糖も2%程度高くなっている。鶏卵は夏に比べ3割高だという。

 チョコレート原料となるカカオ豆やクルミ、アーモンド、プルーンといった輸入品は円安の影響で、例年より割高だ。
「ナッツ類は20~30%の高騰」(菓子メーカー関係者)というから、クリスマスケーキも値上がりだろう。

 コンビニのローソンに聞いてみた。
「ウチは昨年と同価格で発売します。もちろん内容も変わりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事