バカ売れ味噌汁 永谷園「しじみ70個分」ネーミングの威力

公開日:  更新日:

 永谷園の「1杯でしじみ70個分のちから」シリーズは、機能性味噌汁のパイオニアだ。「どうせ食べるなら、おいしく健康を目指せるものがいいよね」という消費者の健康志向に合致。2009年9月の発売以来、急成長を遂げ、年間売り上げ30億円超を続けている。

 永谷園は07年10月、アミノ酸の一種「オルニチン」を生み出す植物性乳酸菌をキャベツの葉から偶然に発見。それがすべての始まりだった。
「早速商品への活用を検討。オルニチンといえば“しじみ”、しじみといえば“味噌汁”という連想から、即席味噌汁の開発がスタートした」(研究・開発本部の石川拓也氏=写真)

 味噌メーカーの協力のもと「オルニチン味噌」の製造に着手。開発は苦労の連続だったが、試行錯誤の末、1食当たりしじみ70個分相当のオルニチンを含有する機能性味噌汁が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る