1982年発売「チーズ鱈」 開発当初は「チーズイカ」だった

公開日: 更新日:

 チーズを鱈のすり身で挟んだ「チーズ鱈」はなとりの看板商品である。発売以来ずっと販売好調で、まさに勝ち組。特にここ10年は購買層も広がり、売り上げ拡大基調が続いている。

 始まりは80年代、食の洋食化が進んできたころ。「和にとらわれず、食の多様化に対応した新しい商品づくりをしたい」との思いから、「和洋折衷のおつまみ」の開発に着手。西洋の素材として選んだのは「チーズ」であり、和の素材として着目したのが「鱈」だった。

 といっても、この決定は最終的な着地点。和の素材として、まず検討したのは「イカ」。当時、おつまみといえばイカが主流であり、なとりもイカ製品を主力としていた。ところが、チーズを常温流通に耐えられるようにする技術はクリアできたものの、それにより今度はイカが変色するという課題が発覚。開発を断念した。そして新たな素材探しの結果、鱈にたどり着く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る