1982年発売「チーズ鱈」 開発当初は「チーズイカ」だった

公開日:  更新日:

 チーズを鱈のすり身で挟んだ「チーズ鱈」はなとりの看板商品である。発売以来ずっと販売好調で、まさに勝ち組。特にここ10年は購買層も広がり、売り上げ拡大基調が続いている。

 始まりは80年代、食の洋食化が進んできたころ。「和にとらわれず、食の多様化に対応した新しい商品づくりをしたい」との思いから、「和洋折衷のおつまみ」の開発に着手。西洋の素材として選んだのは「チーズ」であり、和の素材として着目したのが「鱈」だった。

 といっても、この決定は最終的な着地点。和の素材として、まず検討したのは「イカ」。当時、おつまみといえばイカが主流であり、なとりもイカ製品を主力としていた。ところが、チーズを常温流通に耐えられるようにする技術はクリアできたものの、それにより今度はイカが変色するという課題が発覚。開発を断念した。そして新たな素材探しの結果、鱈にたどり着く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る