絶好調の曲線刃はさみ「フィットカットカーブ」ヒットの軌跡

公開日: 更新日:

 プラスの家庭用はさみ「フィットカットカーブ」が絶好調だ。2012年1月の発売からわずか2年で、シリーズ累計500万本の売り上げを達成(13年12月現在)した。

 厚紙もプラスチックも軽い力でスパッと切れる抜群の「切れ味」がフィットカットカーブの一番のウリだ。これは新開発のカーブ刃によるもの。根元から刃先まで、常に切断に最適な刃の開き角度「約30度」を保つ刃形状のなせる技だ。

「感覚的には30度前後で切るのが最も軽いというのはわかっていたが、検証の結果、その角度は30度であることを導き出した」(金属製品グループの久保田創氏)

 次世代スタンダードをめざし、開発に着手したのは2010年のこと。はさみに対するニーズを明確にするため、まずはユーザーのヒアリングを実施すると、「切れ味」を求めている人が圧倒的に多いことがわかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る