危機管理アドバイザーが説く散歩のメリット

公開日: 更新日:

 散歩は非常時の備えになる。危機管理教育研究所代表で危機管理アドバイザーの国崎信江氏はこう説明する。
「近所を散歩すれば、車に乗っているときにはわからない自分の住んでいる地域を細かく把握できます。散歩はゆっくりとしたペースなので、道沿いの樹木までも記憶に残りますから。体力をつけておく観点からも、有効です」

 地域のランドマークが消失しても、樹木や残っている近所の庭の特徴などで方角を確認できる。
 続けて国崎氏は「通勤通学で駅まで歩いている時は、目的がはっきりしているので、周囲に気を留めません。でも、散歩をするときは心に余裕があります。上を向いて歩いたら、ベランダにある植木、エアコンの室外機の位置、建物の年代、耐震性などが把握できます」。

■コミュニケーションにも

 さらに、自分の住んでいる地域の人とのコミュニケーションが取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る