危機管理アドバイザーが説く散歩のメリット

公開日: 更新日:

 散歩は非常時の備えになる。危機管理教育研究所代表で危機管理アドバイザーの国崎信江氏はこう説明する。
「近所を散歩すれば、車に乗っているときにはわからない自分の住んでいる地域を細かく把握できます。散歩はゆっくりとしたペースなので、道沿いの樹木までも記憶に残りますから。体力をつけておく観点からも、有効です」

 地域のランドマークが消失しても、樹木や残っている近所の庭の特徴などで方角を確認できる。
 続けて国崎氏は「通勤通学で駅まで歩いている時は、目的がはっきりしているので、周囲に気を留めません。でも、散歩をするときは心に余裕があります。上を向いて歩いたら、ベランダにある植木、エアコンの室外機の位置、建物の年代、耐震性などが把握できます」。

■コミュニケーションにも

 さらに、自分の住んでいる地域の人とのコミュニケーションが取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る