危機管理アドバイザーが説く散歩のメリット

公開日:  更新日:

 散歩は非常時の備えになる。危機管理教育研究所代表で危機管理アドバイザーの国崎信江氏はこう説明する。
「近所を散歩すれば、車に乗っているときにはわからない自分の住んでいる地域を細かく把握できます。散歩はゆっくりとしたペースなので、道沿いの樹木までも記憶に残りますから。体力をつけておく観点からも、有効です」

 地域のランドマークが消失しても、樹木や残っている近所の庭の特徴などで方角を確認できる。
 続けて国崎氏は「通勤通学で駅まで歩いている時は、目的がはっきりしているので、周囲に気を留めません。でも、散歩をするときは心に余裕があります。上を向いて歩いたら、ベランダにある植木、エアコンの室外機の位置、建物の年代、耐震性などが把握できます」。

■コミュニケーションにも

 さらに、自分の住んでいる地域の人とのコミュニケーションが取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る