危機管理アドバイザーが説く散歩のメリット

公開日:  更新日:

 散歩は非常時の備えになる。危機管理教育研究所代表で危機管理アドバイザーの国崎信江氏はこう説明する。
「近所を散歩すれば、車に乗っているときにはわからない自分の住んでいる地域を細かく把握できます。散歩はゆっくりとしたペースなので、道沿いの樹木までも記憶に残りますから。体力をつけておく観点からも、有効です」

 地域のランドマークが消失しても、樹木や残っている近所の庭の特徴などで方角を確認できる。
 続けて国崎氏は「通勤通学で駅まで歩いている時は、目的がはっきりしているので、周囲に気を留めません。でも、散歩をするときは心に余裕があります。上を向いて歩いたら、ベランダにある植木、エアコンの室外機の位置、建物の年代、耐震性などが把握できます」。

■コミュニケーションにも

 さらに、自分の住んでいる地域の人とのコミュニケーションが取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る