スカイツリーから東京タワーへ アラフォー記者1人散歩記

公開日: 更新日:

 GWは散歩の季節。風は心地良い、汗もそれほどかかない。なんといっても、タダで健康にもいい。会社から自宅まで歩いてみれば、地震への備えにもなる。散歩途中の食事だって、おいしく感じるはず。そこで、歩くことをこよなく愛する40歳の中年記者が、スカイツリーを出発して東京タワーまでの中級コース(15キロ)を5時間かけてウオーキングしてみた。

■中級者コース

 新たな発見を求めて、裏通りから東京タワーに向かう。スタートは午前11時30分。気温は19度で、絶好の散歩日和だ。途中、「日本人になりました」と記載された墨田区議のポスター、飲み物半額とうたっていながら、半額になっていない居酒屋の看板、土日しか営業していないそば屋…。不思議なフレーズや風変わりな店に心が和む。これが散歩の醍醐味だ。

 歩くこと1時間30分、「芭蕉記念館」(江東区常盤)に到着した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る