日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消費増税前よりチャンス マイホーム購入「年収別損益分岐点」

 マイホーム購入を計画している人に、消費税アップはきつい。これから買うのは、増税前より損だと迷っているだろうが、意外なデータがあった。みずほ総研の調査によると、住宅購入世帯の6割は、増税後の方が得だというのだ。

 政府は増税後の住宅対策として、住宅ローン減税を拡充し、「すまい給付金」を打ち出した。調査では、住宅ローン減税の拡充分とすまい給付金の合計額と増税額を比較している。

 別表は、年収別(13分類)、住宅種類別(3分類)、頭金の有無(2分類)に分け、計78パターンについて分析。調査エリアは、東京、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫の都市部(実際は、都市部以外の地方も同様に調査しているが、割愛)。ご覧の通り、表の78パターンのうち57パターン、実に73%が得。地方より都市部の方が、お得度が高いのだ。

■狙い目は4000万円台の新築マンション

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事