接客がヒントに 月3回の居酒屋より1人1万円の高級店へ

公開日: 更新日:

 サラリーマンの小遣いは、24年前のほぼ半分の約3万9000円に減っている(新生銀行調べ)。寂しい懐で、昼飯も飲み会もやりくりしないといけないのは、ムチャクチャつらい。飲み放題3000円のうるさい大衆居酒屋でガマンする気持ちはよく分かるが、これからは頭を切り替えよう。月3回の居酒屋をガマンして、1回1万円以上のこだわりの店にチャレンジするのだ――。

 電器メーカーのAさん(42)は去年、異業種交流会の知り合いに得意先を紹介してもらったお礼に食事に誘った。予約したのは行きつけの居酒屋。同僚と繰り出す時は刺し身と漬物程度でチビチビ飲むが、今回は刺し盛りと串盛りを奮発した。

「酔う前にお礼とともに仕事の進捗状況をお伝えしようとしたのですが、周りがうるさくて思うように話せず、先方に『その話はまた』と言われ、気まずいムードに。2次会に誘ったものの、『あした早いので』とやんわりと断られました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る