忘年会接待術 酒席で家族の話題は避ける

公開日: 更新日:

 接待の席で最も難しいのは「会話」だ。

 ビジネスマナー本には、決まって「聞き上手に徹する」とか「相手からエピソードを上手に引き出す」などと書かれているが、現場ではなかなか実行できない。酒も入るからだ。サラリーマンなら、接待の場数を踏んでいる上司や先輩の話術をマネするのが手っ取り早い。

 それより心得るべきは、まず「地雷を踏まない」こと。つまり、相手に聞いてはいけないことを肝に銘じておくことだ。総合会話術「仟言(せんげん)流」宗家でプロ司会者育成講師の堀井孝英氏がこう言う。

「何より避けるべきは、家族の話題です。左手の薬指に指輪をしているからと、結婚の話題を振ってみたら、死別した妻が忘れられなくてということもあるからです。〈お子さんは大学生ですか〉とふと尋ね、お子さんが3浪していたら、相手は口ごもってしまいます。〈いやいや、子供はデキが悪くて……〉と笑って答えたとしても、はらわたが煮えくり返っているかもしれません。そして以前からいわれるように、政治と宗教の話題も自分から切り出さないほうがいいでしょう。もし相手が政治家の悪口を言ったら、〈あいにく、そのへんは詳しくないもので……〉と言えばいいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る