忘年会接待術…店選びは「味」より「臨機応変サポート」

公開日:  更新日:

 冬のボーナスはバブル期以来の伸び。年末にかけて、得意先との会合も増えそうだ。接待する側にとって大事なのは、どれだけ相手を喜ばせ、楽しんでもらえるかに尽きる。“達人”と呼ばれる人たちは、そのためにさまざまなテクニックを駆使している。接待の成否は、会社の業績にも直結する。覚えておいて損はない。

<店選び編>

 店選びは重要だ。ミシュランガイドの星付き店やグルメサイトの高評価店を選べば、相手も喜ぶし、話のネタにもなるが、それがすべて接待に向いているとは限らない。

 接待の成功は、店のバックアップなしでは不可能だからだ。企業研修を中心にコンサルティングを行う「パンネーションズ」代表の安田正氏は、〈行きつけ〉の強みを生かすべきだとこう続ける。

「接待では、〈今すぐビール3本持ってきて!〉など、店に無理難題を言わざるを得ない状況があるからです。行きつけなら、臨機応変にサポートしてくれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る