忘年会接待術…店選びは「味」より「臨機応変サポート」

公開日:  更新日:

 冬のボーナスはバブル期以来の伸び。年末にかけて、得意先との会合も増えそうだ。接待する側にとって大事なのは、どれだけ相手を喜ばせ、楽しんでもらえるかに尽きる。“達人”と呼ばれる人たちは、そのためにさまざまなテクニックを駆使している。接待の成否は、会社の業績にも直結する。覚えておいて損はない。

<店選び編>

 店選びは重要だ。ミシュランガイドの星付き店やグルメサイトの高評価店を選べば、相手も喜ぶし、話のネタにもなるが、それがすべて接待に向いているとは限らない。

 接待の成功は、店のバックアップなしでは不可能だからだ。企業研修を中心にコンサルティングを行う「パンネーションズ」代表の安田正氏は、〈行きつけ〉の強みを生かすべきだとこう続ける。

「接待では、〈今すぐビール3本持ってきて!〉など、店に無理難題を言わざるを得ない状況があるからです。行きつけなら、臨機応変にサポートしてくれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る