“ウナギ博士”塚本勝巳・日大教授が明言「天然ものは危ない」

公開日:  更新日:

 今年6月、世界の科学者が組織する国際自然保護連合はニホンウナギを「絶滅危惧種ⅠB」に指定した。「近い将来、野生での絶滅の危険性が極めて高い」という危険度で2番目のランクである。水産庁によれば、ウナギの稚魚であるシラスウナギの推定漁獲量は2004年の22・5トンから、13年には5・2トンに激減。世界一のウナギ好きといわれる日本人の食文化はどうなってしまうのか。丑の日を前に「日本うなぎ検定」などの著書でお馴染みのウナギ博士に話を聞いてみた。

■絶滅危機のニホンウナギ、今後増やす決め手はありません

――まず、伺いたいのはこの先、ウナギはどうなってしまうのか、ということです。もう食べられなくなる、あるいは庶民には高根の花になってしまう。そんな可能性があるのですか?

 ウナギは広大な海の人の手が届かないところで産卵する。海の環境によって、増減は大きいのですが、我々が生きているうちに、全部がなくなることはまずないと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る