“ウナギ博士”塚本勝巳・日大教授が明言「天然ものは危ない」

公開日: 更新日:

 今年6月、世界の科学者が組織する国際自然保護連合はニホンウナギを「絶滅危惧種ⅠB」に指定した。「近い将来、野生での絶滅の危険性が極めて高い」という危険度で2番目のランクである。水産庁によれば、ウナギの稚魚であるシラスウナギの推定漁獲量は2004年の22・5トンから、13年には5・2トンに激減。世界一のウナギ好きといわれる日本人の食文化はどうなってしまうのか。丑の日を前に「日本うなぎ検定」などの著書でお馴染みのウナギ博士に話を聞いてみた。

■絶滅危機のニホンウナギ、今後増やす決め手はありません

――まず、伺いたいのはこの先、ウナギはどうなってしまうのか、ということです。もう食べられなくなる、あるいは庶民には高根の花になってしまう。そんな可能性があるのですか?

 ウナギは広大な海の人の手が届かないところで産卵する。海の環境によって、増減は大きいのですが、我々が生きているうちに、全部がなくなることはまずないと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る