“ウナギ博士”塚本勝巳・日大教授が明言「天然ものは危ない」

公開日: 更新日:

 今年6月、世界の科学者が組織する国際自然保護連合はニホンウナギを「絶滅危惧種ⅠB」に指定した。「近い将来、野生での絶滅の危険性が極めて高い」という危険度で2番目のランクである。水産庁によれば、ウナギの稚魚であるシラスウナギの推定漁獲量は2004年の22・5トンから、13年には5・2トンに激減。世界一のウナギ好きといわれる日本人の食文化はどうなってしまうのか。丑の日を前に「日本うなぎ検定」などの著書でお馴染みのウナギ博士に話を聞いてみた。

■絶滅危機のニホンウナギ、今後増やす決め手はありません

――まず、伺いたいのはこの先、ウナギはどうなってしまうのか、ということです。もう食べられなくなる、あるいは庶民には高根の花になってしまう。そんな可能性があるのですか?

 ウナギは広大な海の人の手が届かないところで産卵する。海の環境によって、増減は大きいのですが、我々が生きているうちに、全部がなくなることはまずないと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る