“ウナギ博士”塚本勝巳・日大教授が明言「天然ものは危ない」

公開日: 更新日:

 今年6月、世界の科学者が組織する国際自然保護連合はニホンウナギを「絶滅危惧種ⅠB」に指定した。「近い将来、野生での絶滅の危険性が極めて高い」という危険度で2番目のランクである。水産庁によれば、ウナギの稚魚であるシラスウナギの推定漁獲量は2004年の22・5トンから、13年には5・2トンに激減。世界一のウナギ好きといわれる日本人の食文化はどうなってしまうのか。丑の日を前に「日本うなぎ検定」などの著書でお馴染みのウナギ博士に話を聞いてみた。

■絶滅危機のニホンウナギ、今後増やす決め手はありません

――まず、伺いたいのはこの先、ウナギはどうなってしまうのか、ということです。もう食べられなくなる、あるいは庶民には高根の花になってしまう。そんな可能性があるのですか?

 ウナギは広大な海の人の手が届かないところで産卵する。海の環境によって、増減は大きいのですが、我々が生きているうちに、全部がなくなることはまずないと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る