浜松と大阪の健康寿命 明暗分けたのは「ウナギ」と「粉モノ」

公開日:  更新日:

男性で5歳の差

 このほど厚労省研究班が発表した健康寿命は、男女ともに浜松市がトップだった。健康寿命は、生活に支障なく暮らせる期間の平均のこと。これに“寝たきり状態”などの期間を加えたのが、ご存じの平均寿命だ。

 研究班が集計した20大都市別データは<別表>の通り。男性の場合、浜松市はビリの大阪を5歳上回る、約73歳。大阪は65歳の定年から3年でガタがくるが、浜松ならセカンドライフを8年も楽しめる。この差は、どこにあるのか。

 浜松の名産として真っ先に思い浮かぶのは、ウナギだ。食文化史研究家・永山久夫氏が言う。

「寝たきりの大きな原因は脳卒中ですが、ウナギに豊富に含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、脳卒中を抑える働きがある。ウナギ消費額は浜松がダントツで、約7000円。大阪は順位こそ4位ですが、消費額は4000円ほど。浜松との差は大きく、ほかの県とどっこいどっこい。ウナギの健康効果を享受した浜松との違いが、健康寿命に影響したのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る