劣等感の塊「アドラー男子」が楽になる「もういいよ」思考

公開日: 更新日:

「嫌われる勇気」が、30万部を超えるベストセラーになっている。アドラー心理学をベースにした自己啓発本だ。アドラーは、オーストリアの心理学者で、精神科医。その心理学を一言で説明するなら、勇気づけをして、人間関係のトラブルを克服する心理テク。

 なにしろ業績が傾けば、事業部ごと切り捨てられる時代だ。ソニーはパソコン事業を売却し、パナソニックはプラズマテレビと個人向けスマホ事業から撤退した。生き残りをかけた競争は激しくなる一方だ。

 他人を蹴落としても生き残らなくてはいけない時代だから、今の日本には“嫉妬”と“劣等感”が充満している。

 仏教学者のひろさちや氏が言う。

安倍首相は、『増税に負けないように所得を増やす』と言う。でも、格差社会の今、そうすると格差は広がります。たとえば年収100万円の人が200万円になり、年収1000万円の人が2000万円になったとすると、どうですか。格差は900万円から1800万円に広がるのです。そんな世の中ですから、みんな周りを気にして、比較するようになる。仕事でも、友人関係でも、お金のことでも、自分が劣っていると分かれば、『もっと、もっと』と欲が出る。周りと比べて劣等感を覚えた人が、そういう心理学によりどころを求めているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”