• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

成果は二の次…若手社員を辞めさせない管理職の「声掛け力」

 若手社員が早期退職する原因は、労働環境より「上司」にあった――。 全国の中小企業に、採用や教育サービスを提供しているジェイックの調査で、「尊敬する先輩・上司が3人以上いる」と退職リスクが激減することが分かった。先月3日~18日、今年度新入社員の研修参加者など184社523人を対象にアンケートを実施。それによると、新人全体の28%が「退職を考えたことがある」と回答したという。

 で、興味深いのは、「残業や勤務時間」との相関関係は見られなかったということだ。逆に、浮かび上がったのが“上司”の存在で、「尊敬する先輩・上司が1人もいない」と答えた新入社員のうち、7割が「退職を考えたことがある」と回答している。一方、「尊敬する先輩・上司が3人以上いる」と答えたうちの84%が「退職を考えたことがない」という。

 どうやら、上司の力量が問われているということのようだ。が、「上司に期待すること」という項目を見ると、必ずしも「バリバリの営業マン」より「かまってくれる上司」が望まれるらしい。 結果を見ても、1位は「人間的に尊敬できる」(23%)、次いで「本気で指導してくれる」(17%)、「相談に乗ってくれる」(16%)で、「成果をあげている」(4%)などの上司のビジネスの能力はそれほど、“評価”されていないことが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る