大流行! 専門家に聞いた男の「短パン」歴史と着こなし方

公開日: 更新日:

 実は18世紀末までは「半ズボン」こそが立派な紳士の正装でした。

 中世は比較的温暖でしたし、脚線があらわになる薄い靴下は絹製で高級品でしたので、王様や貴族などがそれを見せびらかすために半ズボンをはいていたのです(労働者や農民は、そんな姿で作業はできないので、早くから長ズボンをはいていました)。

 ところが、18世紀末のフランス革命で、半ズボンをはいている貴族が片っ端から逮捕され、ギロチン送りになりました。

 かくして半ズボンは一度紳士服の表舞台から姿を消す羽目に。以後、ナポレオン時代や第2次大戦時の南方戦線で一時的に復活しましたが、正装の座を奪取するまでには至っていません。

 さて、近年は地球温暖化のせいか「半ズボン」が世界的に流行の兆しです。日本でも多くの男性が生足あらわに街中を闊歩しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る