大流行! 専門家に聞いた男の「短パン」歴史と着こなし方

公開日:  更新日:

 実は18世紀末までは「半ズボン」こそが立派な紳士の正装でした。

 中世は比較的温暖でしたし、脚線があらわになる薄い靴下は絹製で高級品でしたので、王様や貴族などがそれを見せびらかすために半ズボンをはいていたのです(労働者や農民は、そんな姿で作業はできないので、早くから長ズボンをはいていました)。

 ところが、18世紀末のフランス革命で、半ズボンをはいている貴族が片っ端から逮捕され、ギロチン送りになりました。

 かくして半ズボンは一度紳士服の表舞台から姿を消す羽目に。以後、ナポレオン時代や第2次大戦時の南方戦線で一時的に復活しましたが、正装の座を奪取するまでには至っていません。

 さて、近年は地球温暖化のせいか「半ズボン」が世界的に流行の兆しです。日本でも多くの男性が生足あらわに街中を闊歩しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る