• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大流行! 専門家に聞いた男の「短パン」歴史と着こなし方

 実は18世紀末までは「半ズボン」こそが立派な紳士の正装でした。

 中世は比較的温暖でしたし、脚線があらわになる薄い靴下は絹製で高級品でしたので、王様や貴族などがそれを見せびらかすために半ズボンをはいていたのです(労働者や農民は、そんな姿で作業はできないので、早くから長ズボンをはいていました)。

 ところが、18世紀末のフランス革命で、半ズボンをはいている貴族が片っ端から逮捕され、ギロチン送りになりました。

 かくして半ズボンは一度紳士服の表舞台から姿を消す羽目に。以後、ナポレオン時代や第2次大戦時の南方戦線で一時的に復活しましたが、正装の座を奪取するまでには至っていません。

 さて、近年は地球温暖化のせいか「半ズボン」が世界的に流行の兆しです。日本でも多くの男性が生足あらわに街中を闊歩しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る