イグ・ノーベル賞「バナナは滑る」は人工関節を飛躍させる?

公開日: 更新日:

 やはり「滑る」のは得意らしい。

「バナナの皮を踏むとなぜ滑る」という研究で、先週、米イグ・ノーベル賞の物理学賞を受賞した北里大の馬渕清資教授(63)は、「授業でよくオヤジギャグを飛ばしては、いつも滑っている」(共同受賞した同大の酒井利奈准教授)という。

「テニスをやりすぎると関節に痛みが走るようになる『テニス肘』の研究のため、馬渕先生は自らテニスを始め、今では毎土曜日にプレーするほどハマっています。凝り性なんですよね。それで自分もテニス肘になってしまいました」(酒井准教授)

■本業の合間に1年ほど研究

 本人はいたって大真面目だが、周囲はつい笑ってしまう――。

 人を笑わせ、考えさせた研究に贈られるイグ・ノーベル賞に負けず劣らずのユニークな先生のようだが別にバナナが専門じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る