イグ・ノーベル賞「バナナは滑る」は人工関節を飛躍させる?

公開日:  更新日:

 やはり「滑る」のは得意らしい。

「バナナの皮を踏むとなぜ滑る」という研究で、先週、米イグ・ノーベル賞の物理学賞を受賞した北里大の馬渕清資教授(63)は、「授業でよくオヤジギャグを飛ばしては、いつも滑っている」(共同受賞した同大の酒井利奈准教授)という。

「テニスをやりすぎると関節に痛みが走るようになる『テニス肘』の研究のため、馬渕先生は自らテニスを始め、今では毎土曜日にプレーするほどハマっています。凝り性なんですよね。それで自分もテニス肘になってしまいました」(酒井准教授)

■本業の合間に1年ほど研究

 本人はいたって大真面目だが、周囲はつい笑ってしまう――。

 人を笑わせ、考えさせた研究に贈られるイグ・ノーベル賞に負けず劣らずのユニークな先生のようだが別にバナナが専門じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る