科学界追放か…世界の研究者も呆れた小保方さんの実験ノート

公開日: 更新日:

 本人は「なにを言っても通らない」と、うちひしがれているという。本当はグーの音も出ないのではないか。

 8日、理化学研究所の調査委員会は、小保方晴子さん(30)の不服申し立てを退ける決定をした。STAP論文の画像に「捏造(ねつぞう)」と「改竄(かいざん)」があったと指摘された小保方さんは、「悪意のない間違い」「不正ではない」と不服を申し立てていたが、「悪意があったことは明らか」と一蹴した。

 理研が突きつけたのは、小保方さんの“前科”だ。

 小保方さんは、STAP論文をネイチャー誌に投稿する前の2012年7月、同じ趣旨の論文をサイエンス誌に投稿して却下されている。その時、審査した専門家から「画像を加工する場合は、加工の有無が分かるよう両側に線を入れるように」と注意されていた。
 ところが、その7カ月後、ネイチャー誌に投稿した時も、画像に線を入れなかった。データの正しい提示法を認識していながら、意図的に線を入れなかった「確信犯」というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る