中国が死刑囚の提供停止 どうなる?日本人患者の臓器移植

公開日: 更新日:

 中国政府が死刑囚の臓器を移植に利用する慣習を停止する方針を打ち出した。来年1月から取りやめるという。

 臓器斡旋の関係者によると、死刑囚からの臓器移植は大半が腎臓で、世界中から患者が中国に渡り、年間に2000体の臓器が移植されているという。摘出は原則として死刑囚本人の意思を確認した上で行われるが、司法当局が勝手に摘出して病院や医師に売買する闇ルートも存在する。

 臓器の供給がピークだった2007年ごろは日本人の患者が約1000万円をコーディネーターに渡して移植手術を受けた。死刑囚の遺族に渡される謝礼は約30万円。現在は中国政府が自粛を呼びかけているため提供臓器が減り、費用は1500万円以上に高騰しているという。

 臓器移植に詳しいジャーナリストが解説する。
「中国で腎臓移植を受ける日本人はピーク時は年に400人ほどいましたが、いまは40人程度。中国では提供者は40歳までと年齢制限を低くしているため元気な臓器が得られ、医師も真面目に取り組むため手術の成功率は高い。移植が停止になれば困るのは日本の患者たちです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る