• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新幹線で「切符拝見」 実施する・しないのがあるのはなぜ?

 仕事で大阪に出張。東海道新幹線の車中で、いつも煩わしく思うのが「車内改札」だ。列車が走り出し、到着まで一眠り……ウトウトしていると決まって「切符を拝見」と来る。

 調べてみたら、車内改札を行っているのは、東海道新幹線と山陽新幹線、九州新幹線。それぞれ、新大阪と博多で相互に乗り入れている。

 一方、東北、上越、長野、秋田、山形は車内改札を行っていない。JR東日本に聞いてみると、「指定席を販売した時点で車掌の持っている端末に座席情報が行きます。見れば分かるので、いちいち切符の確認は行いません」

 車内改札派に聞いてみたら、「サービスの一環。行き先の変更がないかなど、お聞きする機会だと考えている」(JR東海)、「特に理由はない。慣例的に行っている。時間の都合で行わないことも」(JR西日本)、「混雑している時など必要に応じて行っている」(JR九州)とのこと。やらなきゃいけない理由はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る