日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新幹線で「切符拝見」 実施する・しないのがあるのはなぜ?

 仕事で大阪に出張。東海道新幹線の車中で、いつも煩わしく思うのが「車内改札」だ。列車が走り出し、到着まで一眠り……ウトウトしていると決まって「切符を拝見」と来る。

 調べてみたら、車内改札を行っているのは、東海道新幹線と山陽新幹線、九州新幹線。それぞれ、新大阪と博多で相互に乗り入れている。

 一方、東北、上越、長野、秋田、山形は車内改札を行っていない。JR東日本に聞いてみると、「指定席を販売した時点で車掌の持っている端末に座席情報が行きます。見れば分かるので、いちいち切符の確認は行いません」

 車内改札派に聞いてみたら、「サービスの一環。行き先の変更がないかなど、お聞きする機会だと考えている」(JR東海)、「特に理由はない。慣例的に行っている。時間の都合で行わないことも」(JR西日本)、「混雑している時など必要に応じて行っている」(JR九州)とのこと。やらなきゃいけない理由はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事