「水道トラブル」の投函チラシ 右肩上がりでなぜ増える?

公開日:  更新日:

 自宅の郵便受けによく入っている「水のトラブルすぐ解決!」「トイレのつまり、水漏れはお任せください」「24時間365日対応」といったチラシ。どれも裏側がマグネットになっていて、冷蔵庫などに張れるようになっている。コストもかかるだろうに、減るどころか年々数が増えているような……。

「実際に数は増えていますね」と言うのは、厚生労働省健康局水道課の担当者。

「家庭の水道を工事したり修理したりする会社のことを、正式には給水装置工事事業者といいます。1996年に水道法の規制緩和があり、水道事業者の給水範囲内に事業所を有するなどの参入要件が見直され、一定の条件を満たせば、どの地域でも営業していいことになったんです。それ以降、業者の数は増加の一途をたどっています」

 規制緩和前は全国で約2万3400社(給水区域内指定事業者数)だったが、2012年度末には約4万6800社に倍増。2013年度末は約7万5000社と、まさに右肩上がりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る