NEXCOに聞く ETCレーンはなぜ「20キロ制限」なのか

公開日:  更新日:

 高速道路の料金所にあるETC用のレーンには、自動車の走行速度を時速20キロ以下に落とすよう指示する看板がある。高速の出口など、料金所以外の場所では、20キロ超で走っていても「ピッ」と音がして、きちんとETC車載器が反応しているのが分かる。それなのに、なぜ料金所では20キロ以下なのか。

「20キロ以上のスピードで走る自動車でも、ETC信号の送受信はできます。料金所のETCレーンを20キロ以下としている理由は、ETC信号の送受信を行うためではありません」

 こう言うのは、NEXCO東日本の広報担当者だ。速度制限の理由は全く別のところにある。

「ETCレーンでは、車載器にETCカードを入れ忘れたなどの理由でレーンの開閉バーが開かない場合や、前方を走行する車両がETCレーン内で急停止する場合など、不測の事態が発生することもあります。そのため、追突事故や開閉バーへの接触を防ぐために、十分な車間距離を取って時速20キロ以下で進入していただくことをお願いしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る