ホッケやアジは高級魚 安くて美味い「庶民の魚」はどこに?

公開日: 更新日:

 ホッケといえば、大きくて食べごたえがあり、居酒屋メニューの定番だったが、今や国内産のマホッケは高級魚になっている。「大きいサイズは1枚800円」(札幌市中央卸売市場関係者)にハネ上がり、本場北海道でも店売り1500円前後、東京では輸入モノのシマホッケが2000円近い店も登場した。

 ホッケの急騰は漁獲量が落ちたためだが、マアジやマイワシ、スケトウダラなども水産庁が漁獲枠を制限しているため、高額化。庶民の魚が軒並み高級魚になりつつある。だからといって、魚を食べないわけにはいかない。同じような味わいで、安く食べられる魚はないか。

 水産ジャーナリストの西潟正人氏が言う。

「マホッケとスケトウダラの代わりには、コマイがオススメです。関東では干物がおなじみですが、タラと同じ仲間で、鮮魚なら煮ても焼いてもウマい。一般的な干物なら、1本50円ほど。マアジが高ければ、メアジだね。身が軟らかく日持ちしないけど、味はマアジそのもの。食べ方も同じ。それでいて、価格はマアジの10分の1だから家計にやさしい。ニシン科のヤマトミズンは、腹回りがぷっくり膨れ、イワシのような味わいがあります。同じく漁獲枠が設けられているスルメイカの代わりなら、ムギイカです。男性の親指ほどの大きさで、身が軟らかい。煮たり、干したりすると、最高の酒の肴。それが1盛り300円ほどで買えるんです」

 コマイはともかく、ほかの魚の名前はピンとこないかもしれないが、漁港周辺の魚屋や道の駅などで売っている。東京近郊なら、佐島の「丸吉商店」や三崎の「まるいち魚店」など。こういう魚屋には、激安の掘り出し物があるから、はるばる出かける価値がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る