ホッケやアジは高級魚 安くて美味い「庶民の魚」はどこに?

公開日: 更新日:

 ホッケといえば、大きくて食べごたえがあり、居酒屋メニューの定番だったが、今や国内産のマホッケは高級魚になっている。「大きいサイズは1枚800円」(札幌市中央卸売市場関係者)にハネ上がり、本場北海道でも店売り1500円前後、東京では輸入モノのシマホッケが2000円近い店も登場した。

 ホッケの急騰は漁獲量が落ちたためだが、マアジやマイワシ、スケトウダラなども水産庁が漁獲枠を制限しているため、高額化。庶民の魚が軒並み高級魚になりつつある。だからといって、魚を食べないわけにはいかない。同じような味わいで、安く食べられる魚はないか。

 水産ジャーナリストの西潟正人氏が言う。

「マホッケとスケトウダラの代わりには、コマイがオススメです。関東では干物がおなじみですが、タラと同じ仲間で、鮮魚なら煮ても焼いてもウマい。一般的な干物なら、1本50円ほど。マアジが高ければ、メアジだね。身が軟らかく日持ちしないけど、味はマアジそのもの。食べ方も同じ。それでいて、価格はマアジの10分の1だから家計にやさしい。ニシン科のヤマトミズンは、腹回りがぷっくり膨れ、イワシのような味わいがあります。同じく漁獲枠が設けられているスルメイカの代わりなら、ムギイカです。男性の親指ほどの大きさで、身が軟らかい。煮たり、干したりすると、最高の酒の肴。それが1盛り300円ほどで買えるんです」

 コマイはともかく、ほかの魚の名前はピンとこないかもしれないが、漁港周辺の魚屋や道の駅などで売っている。東京近郊なら、佐島の「丸吉商店」や三崎の「まるいち魚店」など。こういう魚屋には、激安の掘り出し物があるから、はるばる出かける価値がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る