庶民の魚が60%高…「アジフライ」が食べられなくなる?

公開日: 更新日:

 庶民の“味”に異常事態だ。東京・築地市場で真アジの水揚げ量が激減しているのだ。昨年12月の水揚げ量が前年同期比31%減の877トン。1キロ当たりの平均価格は同60%高の725円になり、過去5年間で最高値をつけた。

 アジといえば家庭の食卓では定番メニュー。定食屋や居酒屋でも、フライ、刺し身と馴染み深いが、今後は手の届かない“高級魚”になってしまうかもしれない。実際、「アジ刺し」をメニューから消した居酒屋もある。

 築地場外でアジフライ定食を820円で提供する「東都グリル」の店主はこう話す。

「ここ最近、確かに仕入れ値がジリジリ上がってきています。アジフライ定食はうちの人気メニューなので、今のところ値上げするつもりはありませんが、今後の状況次第では踏み切らざるを得なくなるかもしれません」

 なぜこうも急激に漁獲量が減ってしまったのか。漁業情報サービスセンターの担当者は「日本有数の漁場である長崎周辺の悪天候の影響」と指摘した。一方で、「温暖化の影響で水温、海流が変化し、アジの回遊コースが沖合に離れた」「乱獲による資源の減少」と指摘する専門家もいる。

 朝食の干物も庶民の手が届かなくなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る