水揚げ量は昨年の10分の1…サンマはいまや「高級魚」

公開日:  更新日:

 これからシーズンを迎えるサンマが手の届かない存在になっている。日本一の水揚げ量を誇り「サンマの基地」といわれる根室では、不漁で漁師が頭を抱えているという。

「道東沿岸のサンマ流し網漁の水揚げ量は7月末で約8トン。記録的不漁だった昨年同時期の10分の1ほどです。1匹500円前後でもおかしくありません」(地元漁業関係者)

 サンマの減少は深刻らしい。東北区水産研究所資源海洋部の巣山哲主任研究員によると、2010年を境に、減少し続けているという。

「太平洋の沿岸が特異的に減っています。温度かエサか、ハッキリとした原因は不明ですが、沿岸でサンマが育ちにくい環境になっている。沖合なら、まだ資源は残っていますが、業界の決まりで、沖合に出られる大型船が出航するのは8月下旬から。9月以降は、今よりは価格は下がると思いますが……」(巣山哲主任研究員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る