「貧乏人お断り」の超高級ローストビーフ 社長が語る“真意”

公開日:  更新日:

 どんな味なのか。熊本市内のレストランが「年収2000万円以下の貧乏人はお断り」と題したローストビーフを通販限定で売り出し、ネット上で話題となっている。

 レストランはカリフォルニア料理専門店「KAWAZOE」。米国で20年修業した川添賀一店長が手間暇かけて作った「すね肉の煮込み」などが評判で、「貧乏人お断り」のメニューは、希少とされる阿蘇産赤牛を使った「サーロインローストビーフ」。表面を焼いた肉を68度以下の温水にじっくり浸し、うまみを引き出したという。価格(通販)は500グラム~2キロで3万3480~9万9360円。やはり庶民にはチト手を出しづらいが、目を引いたのは「お断り」の理由だ。

〈(貧乏人は)化学調味料や添加物で舌の感覚がマヒしている〉〈値段でしか物の価値がはかれず、作り手の情熱を軽視する〉〈見当違いなクレームを言い出しそう〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る