警察相談が倍増 人生を狂わせる「宗教勧誘」確実な断り方

公開日:  更新日:

 今年1月に名古屋大女子学生が起こした老女殺害事件は、被害者による宗教勧誘が引き金だった。勧誘活動が盛んになるのが新年度と選挙シーズン。今年は統一地方選挙が重なり、活発化している。

 この種の勧誘は玄関を突然ピンポンされて始まることもあれば、友人や近所付き合いなど、日頃の人間関係がきっかけになることもある。イヤなら断るほかないが、これがなかなか難しい。警視庁に寄せられた宗教トラブルに関する相談は2013年が109件。過去10年で倍増している。

 宗教事情に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏はこう言う。
「テクニックで断るのはまず無理。すでに信仰があるとウソをつく手もありますが、逆に興味があるとみなされ、思わぬトラブルを招きかねないのでオススメできません。実は、狙われやすいタイプというのはないんです。マジメで親切で誠実な性格の人ほど、相手の立場をおもんぱかって断るのが苦手なだけ。逆を言えば、相手のことを考えなくていいんです。勧誘する方も面倒くさい相手は苦手。手がかかる厄介な人間を避ける。アポ直前にリスケしたり、ドタキャンを繰り返せば、自然と引いていく可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る