• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警察相談が倍増 人生を狂わせる「宗教勧誘」確実な断り方

 今年1月に名古屋大女子学生が起こした老女殺害事件は、被害者による宗教勧誘が引き金だった。勧誘活動が盛んになるのが新年度と選挙シーズン。今年は統一地方選挙が重なり、活発化している。

 この種の勧誘は玄関を突然ピンポンされて始まることもあれば、友人や近所付き合いなど、日頃の人間関係がきっかけになることもある。イヤなら断るほかないが、これがなかなか難しい。警視庁に寄せられた宗教トラブルに関する相談は2013年が109件。過去10年で倍増している。

 宗教事情に詳しいジャーナリストの藤倉善郎氏はこう言う。
「テクニックで断るのはまず無理。すでに信仰があるとウソをつく手もありますが、逆に興味があるとみなされ、思わぬトラブルを招きかねないのでオススメできません。実は、狙われやすいタイプというのはないんです。マジメで親切で誠実な性格の人ほど、相手の立場をおもんぱかって断るのが苦手なだけ。逆を言えば、相手のことを考えなくていいんです。勧誘する方も面倒くさい相手は苦手。手がかかる厄介な人間を避ける。アポ直前にリスケしたり、ドタキャンを繰り返せば、自然と引いていく可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る