不祥事マックは大失敗…カネになる沈黙、出世する沈黙

公開日: 更新日:

 口は災いのもとという。異物混入商品を販売しながら開き直ったマックの記者会見はその典型だろう。個人情報流出で対応が後手に回ったベネッセもそうだった。先月の総選挙では、失言癖のある麻生太郎がやらかした。勢いに任せて言い過ぎるからイメージを悪くする。

 人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。
「日本人は、相手の状況や立場を察して会話することが美徳とされてきましたが、それができなくなっています。今風に言えば、空気を読めないのです。マックも、ベネッセも、自社の不祥事で、会見で記者から追及されることはある程度、想像がついたはずですが、会見を見ると、経営陣はそれがまったく分かっていませんでした。だから、失敗したのです」

 もちろん、会議や打ち合わせでは、それなりのトークが求められる。黙り込んでいて、何を考えているのか分からないような態度ではダメだ。でも、だからといって、相手をやり込めようとばかりに、上から目線でまくしたてることもない。マシンガントークやデカい声で虚勢を張って、行動が伴わなければ意味がない。そういうのが「口先男」「口だけ番長」というのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る