• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不祥事マックは大失敗…カネになる沈黙、出世する沈黙

 口は災いのもとという。異物混入商品を販売しながら開き直ったマックの記者会見はその典型だろう。個人情報流出で対応が後手に回ったベネッセもそうだった。先月の総選挙では、失言癖のある麻生太郎がやらかした。勢いに任せて言い過ぎるからイメージを悪くする。

 人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。
「日本人は、相手の状況や立場を察して会話することが美徳とされてきましたが、それができなくなっています。今風に言えば、空気を読めないのです。マックも、ベネッセも、自社の不祥事で、会見で記者から追及されることはある程度、想像がついたはずですが、会見を見ると、経営陣はそれがまったく分かっていませんでした。だから、失敗したのです」

 もちろん、会議や打ち合わせでは、それなりのトークが求められる。黙り込んでいて、何を考えているのか分からないような態度ではダメだ。でも、だからといって、相手をやり込めようとばかりに、上から目線でまくしたてることもない。マシンガントークやデカい声で虚勢を張って、行動が伴わなければ意味がない。そういうのが「口先男」「口だけ番長」というのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る