「北海道展」といえば東武百貨店 成功のカギは“疑似体験”

公開日:  更新日:

 百貨店で人気のご当地物産展。中でも北海道展はドル箱だ。

 東武百貨店では2003年から年に3回開催。08年と09年の売り上げは15億円を突破し、「北海道展といえば東武」と言わしめた。そんな北海道展をはじめとした物産展を取り仕切っているのが、バイヤーの髙見澤健さん(48)だ。1992年入社。帝京高校時代はサッカー部に所属し、3年時には全国制覇も達成している。

「同世代は三浦カズさん。国士舘大学の先輩に元日本代表の柱谷哲二さんや宮澤ミシェルさんがいます」

 Jリーグ発足は入社の翌年。もしかしたらプロの道も考えた?

「プロはそんな甘くありません。それより仕事で日本一になってやろうと、当時床面積で日本最大を誇った弊社に入りました」

 入社してすぐはおもちゃ売り場で、主に女児玩具を担当した。やがてJリーグの専門ショップに異動。97年に販促部に移り、99年から現職。そこで運命の師と出会う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る