「北海道展」といえば東武百貨店 成功のカギは“疑似体験”

公開日: 更新日:

 百貨店で人気のご当地物産展。中でも北海道展はドル箱だ。

 東武百貨店では2003年から年に3回開催。08年と09年の売り上げは15億円を突破し、「北海道展といえば東武」と言わしめた。そんな北海道展をはじめとした物産展を取り仕切っているのが、バイヤーの髙見澤健さん(48)だ。1992年入社。帝京高校時代はサッカー部に所属し、3年時には全国制覇も達成している。

「同世代は三浦カズさん。国士舘大学の先輩に元日本代表の柱谷哲二さんや宮澤ミシェルさんがいます」

 Jリーグ発足は入社の翌年。もしかしたらプロの道も考えた?

「プロはそんな甘くありません。それより仕事で日本一になってやろうと、当時床面積で日本最大を誇った弊社に入りました」

 入社してすぐはおもちゃ売り場で、主に女児玩具を担当した。やがてJリーグの専門ショップに異動。97年に販促部に移り、99年から現職。そこで運命の師と出会う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る