帝人の画期的棚管理シート「セルフォーム」は撤退寸前だった

公開日: 更新日:

 本を棚に戻すと、一瞬にしてパソコン画面の一覧にその本の題名や著者名が加わった。今度は別の一冊を抜き出すと、貸し出し中を示す表示に……。

 これは帝人株式会社が開発したRFID棚管理システム「レコピック」の実演の様子。RFIDとはRadio Frequency Identification(電波による個体識別)の略で、要はバーコードをピッと当てたり、カードをタッチしたりせず、非接触でICチップ内のデータを読み書きする技術。未来の流通管理システムとして注目されており、大手情報通信企業も軒並み参入しているが、なぜか素材メーカーである同社のシステムが近頃注目なのだ。このレコピックを管轄する部署であるセルフォーム課の責任者・平野義明課長が、紆余曲折を語ってくれた。

「RFIDは、いちいち読み取り機をかざさなくても一度にたくさんの商品を一括管理できる優れものです。ただ、電波干渉や、必要ない物まで検知してしまうという問題がありました。わが社は、電波を厚さ3ミリの薄い平面シートに閉じ込めることに成功。そのシート(商品名『セルフォーム』)の上に置いた物だけ検知させることができるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る