疑惑続々の佐野研二郎氏 会社名も“パクリ”の笑っちゃう過去

公開日: 更新日:

 東京五輪エンブレムの盗用疑惑に揺れるアートディレクター佐野研二郎氏(43)。5日の釈明会見以後も次から次へと疑惑が持ち上がっているが、実は、佐野氏が運営する会社名まで“パクリ”だった可能性がある。

 佐野氏は2008年1月、「MR_DESIGN」という会社を設立した。08年3月発売の「デザインノート」という業界向けの雑誌で、社名の由来に関してこう話している。

<たまたまミスタードーナツの前を通りかかった時に“これだ”と思って(笑い)。(中略)言葉の響きも、強くて、太くて、僕好みだし>

 もちろん、この発言は冗談半分だろうが、広報を務める佐野氏の妻は以前、日刊ゲンダイ本紙に「どこかで見たデザインから無意識に着想を得ることは、珍しいことではない」と話した。まさかとは思うが、街中で目に入った「ミスド」の看板から、無意識に“着想”を得たというのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る