• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
江上剛
著者のコラム一覧
江上剛作家

1954年生まれ。兵庫県出身。77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地各支店長を経て2003年3月に退行。97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。02年「非情銀行」で小説家デビュー。03年退行後、作家として本格的に活動。新しい金融エンターテインメントを描いている。著書多数。最新刊は「鬼忘島」(新潮社)。15年春からフジテレビ「みんなのニュース」レギュラーコメンテーター(水~金曜)。

五色は人の目をして盲ならしむ(ごしきはひとのめをして もうならしむ

(C)日刊ゲンダイ

【現代語訳】あふれかえるほどの色は人の目をつぶす

 社会生活を営む中においてはさまざまな誘惑がある。女性、酒、ギャンブル、儲け話……。誘惑は自分の心をかき乱すだけでなく、下手をすると人生を狂わされることもある。

 自然に…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事