• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
江上剛
著者のコラム一覧
江上剛作家

1954年生まれ。兵庫県出身。77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地各支店長を経て2003年3月に退行。97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。02年「非情銀行」で小説家デビュー。03年退行後、作家として本格的に活動。新しい金融エンターテインメントを描いている。著書多数。最新刊は「鬼忘島」(新潮社)。15年春からフジテレビ「みんなのニュース」レギュラーコメンテーター(水~金曜)。

一旦の功、万世の功 (いったんのこう、ばんせいのこう)

表舞台を支える裏方の評価が大切(C)日刊ゲンダイ

【現代語訳】派手な活躍で業績に貢献するのは一時的な功績、地味で目立たない裏方仕事の貢献は長期的な功績である

 前漢の高祖・劉邦が天下統一の褒美を与える際に、戦闘の後方で軍事品補給などを担当した「兵站」を一番に評価した。兵站は地味だが彼らの働きがないと…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る