江上剛
著者のコラム一覧
江上剛作家

1954年生まれ。兵庫県出身。77年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地各支店長を経て2003年3月に退行。97年「第一勧銀総会屋事件」に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。02年「非情銀行」で小説家デビュー。03年退行後、作家として本格的に活動。新しい金融エンターテインメントを描いている。著書多数。最新刊は「鬼忘島」(新潮社)。15年春からフジテレビ「みんなのニュース」レギュラーコメンテーター(水~金曜)。

疑行は名なく、疑事は功なし(ぎこうはななく、ぎじはこうなし)

公開日:  更新日:
自分なりの意義や目的を持つことが迷いを払拭する(C)日刊ゲンダイ

【現代語訳】何事もやるからには自信をもって断行しなくてはいけない。あやふやな気持ちでは成功もおぼつかないし、名誉も得られない。

 法家の商鞅が秦の孝公に対して「国家の改革は自信をもって断行するに限る」と説いた言葉の一節で、四字熟語「疑事無功」の語源で…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る