宝くじ評論家が伝授 「年末ジャンボ」3つの必勝ポイント

公開日: 更新日:

 宝くじ10億円が当たったら? 憎い上司に辞表を叩きつけてやるぜ! そんな妄想を膨らませているオトーサンも多いはず。1等、前後賞合わせて史上最高の10億円となる年末ジャンボ宝くじの販売が、25日から始まったが、本気で当てにいくのなら、それなりの戦略が必要だ。

 宝くじ評論家の山口旦訓氏は、「ポイントは3つ。売り場、番号、買い方です」とこう続ける。

「今回の10億円のように、最高賞金額がアップして時代を変えるような宝くじを『エポックくじ』と言います。このエポックくじに強い売り場と地域があるのです」

■最多は東京・西銀座の人気宝くじ売り場

 振り返ると、1999年のドリームジャンボで1等と前後賞合わせて3億円になり、2012年グリーンジャンボで5億円、同年末ジャンボで6億円、13年年末ジャンボで7億円に。過去4回とも1等を出しているのが、やはりというか、東京・西銀座チャンスセンターで、計9本。とはいえ、大阪駅前第4ビル特設売り場は過去3回で計16本と、本数では上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る