• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宝くじ評論家が伝授 「年末ジャンボ」3つの必勝ポイント

 宝くじ10億円が当たったら? 憎い上司に辞表を叩きつけてやるぜ! そんな妄想を膨らませているオトーサンも多いはず。1等、前後賞合わせて史上最高の10億円となる年末ジャンボ宝くじの販売が、25日から始まったが、本気で当てにいくのなら、それなりの戦略が必要だ。

 宝くじ評論家の山口旦訓氏は、「ポイントは3つ。売り場、番号、買い方です」とこう続ける。

「今回の10億円のように、最高賞金額がアップして時代を変えるような宝くじを『エポックくじ』と言います。このエポックくじに強い売り場と地域があるのです」

■最多は東京・西銀座の人気宝くじ売り場

 振り返ると、1999年のドリームジャンボで1等と前後賞合わせて3億円になり、2012年グリーンジャンボで5億円、同年末ジャンボで6億円、13年年末ジャンボで7億円に。過去4回とも1等を出しているのが、やはりというか、東京・西銀座チャンスセンターで、計9本。とはいえ、大阪駅前第4ビル特設売り場は過去3回で計16本と、本数では上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る