宝くじ評論家が伝授 「年末ジャンボ」3つの必勝ポイント

公開日:  更新日:

 宝くじ10億円が当たったら? 憎い上司に辞表を叩きつけてやるぜ! そんな妄想を膨らませているオトーサンも多いはず。1等、前後賞合わせて史上最高の10億円となる年末ジャンボ宝くじの販売が、25日から始まったが、本気で当てにいくのなら、それなりの戦略が必要だ。

 宝くじ評論家の山口旦訓氏は、「ポイントは3つ。売り場、番号、買い方です」とこう続ける。

「今回の10億円のように、最高賞金額がアップして時代を変えるような宝くじを『エポックくじ』と言います。このエポックくじに強い売り場と地域があるのです」

■最多は東京・西銀座の人気宝くじ売り場

 振り返ると、1999年のドリームジャンボで1等と前後賞合わせて3億円になり、2012年グリーンジャンボで5億円、同年末ジャンボで6億円、13年年末ジャンボで7億円に。過去4回とも1等を出しているのが、やはりというか、東京・西銀座チャンスセンターで、計9本。とはいえ、大阪駅前第4ビル特設売り場は過去3回で計16本と、本数では上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る