「フィッティPLUS 何度もくっつくノーズパッド」

公開日:  更新日:

 マスクをすると眼鏡が曇る。致し方なしと諦めていたが「メガネのくもり軽減!」といううたい文句を掲げた商品を見つけた。不織布マスクに繰り返し装着できるとあるので早速、使ってみた。

 ノーズパッドは細長い形状のスポンジ。要はマスクと顔の隙間をこのスポンジで埋め、吐き出した息を漏れにくくするから眼鏡が曇りにくくなるという理屈だ。

 接着面はシールではなく、「面ファスナー」と呼ばれる特殊加工で不織布の繊維に絡んでくっつくため、何度付け外ししても接着強度が変わらない。「これはいいかも」と思ったが、眼鏡をするとたちまち曇った。ノーズパッドを外したときと比べてもその差が感じられない。ただ、眼鏡が若干ノーズパッドにのるので、鼻にかかる重さが軽減され、眼鏡の痕が付きにくいという効果は多少あるように思う。

 メークや汗で汚れるのは必須なのに、洗濯は面ファスナーが剥がれる可能性があるため不可。繰り返し使えるとあるが、汚れなければ、の話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る