日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第5回>「妻だけED」でセカンドパートナーを認め合う

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 昨今増えているのが、「友達夫婦」と呼ばれる夫婦のカタチ。経済的にも立場的にも、また家事の分担においてもフィフティー・フィフティーで、まるで友達のような関係の夫婦を指す。互いに仕事を持ち自立しているという特徴もある。そして、「肌のふれあいが少ない」という特徴も見られるようだ。つま…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事