スキンシップで分泌 “絆ホルモン”で夫婦関係を改善させる

公開日:  更新日:

 親と子がスキンシップを積極的に行うと脳内に出やすくなるといわれる神経伝達物質。正式名を「オキシトシン」といい、ストレスを軽減させたり、情緒を安定させたりして、両者の愛着関係を深める効果があることから、一般的に“絆ホルモン”とも呼ばれる。

 出産時や授乳時の母親の脳にも多く分泌され、育児や幼児教育の分野で注目されている言葉だ。ところで、冷え切った夫婦関係の絆も深める効果があるの?

「大丈夫ですよ。絆ホルモンの分泌に年齢は関係ありません」と太鼓判を押すのは、絆ホルモンに詳しい桜美林大学教授で臨床発達心理士の山口創氏だ。

 山口氏によれば、女性ホルモンが絆ホルモンの効果を高めるため、男性より女性、閉経後の女性より20~30代の女性の方が影響を受けやすいが、スキンシップによって男女問わず出ることは間違いない。「精神的な面だけでなく、血圧が下がったり、痛みが抑えられたり、がんの予防やアンチエイジングなど、肉体機能面でのさまざまなメリットも報告されている」といい、スキンシップを受ける側ではなく、する側にも分泌されるのもポイント。自分のためにも積極的にスキンシップしたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る