不妊専門医も賛同 男性の妊活は「週末だけ仲良く」がコツ

公開日: 更新日:

 片岡愛之助と再婚した藤原紀香(44)も出産に強い意欲を持っている。 ただし、高齢の女性には大きな壁もある。体外受精をして40歳で無事出産できる可能性は20%、45歳では5%ほどとされる。日本では40歳を越えて不妊治療をする割合が3割と高く、これは他の先進国に比べて2~4倍。女優のジュリア・ロバーツ(48)も不妊治療を経験しているが、双子(体外受精)を出産したのは37歳の時と早かった。

 もっとも、不妊の原因を女性に求める意見に異を唱えるのは、男性不妊症の専門医「北村クリニック」の北村健医師だ。「WHOの統計によれば、不妊原因の48%が男性にあるとされています。ただし、私の実感からすると、もっと高い。女性ばかりが不妊に悩み、何年も時間をムダにしたケースは数限りありません」

 畑はしっかりしているのに、種を植える側に原因があるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る