• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第2回>ふるさと納税で特産品を受け取るのも復興に役立つ

 ふるさと納税の仕組みを使うと、支出する側がそのカネの使途を決めることができる。これが一般的な寄付との違いだ。

「日本赤十字社などの団体を通じた寄付の場合、その資金をどう使うのかは団体の裁量になります。ふるさと納税の場合は違って、使途を決めるのは納税者。教育事業、子育て事業、高齢者対策事業など自治体が用意した選択肢から選べるようになっています。そのため、ピンポイントの支援が可能になります」

 こう言うのは、「ふるさと納税」に詳しいファイナンシャルプランナーの藤原久敏氏。むろん、被災した自治体に納税する場合は復興事業に、となるだろうが、今はまだ「復興支援」という選択肢は見当たらない。

「益城町のように、ふるさと納税の制度はあっても、今は災害情報モードになっていてホームページからも情報を見られない自治体もあります。もう少し落ち着いてくれば、3・11で被災した東北の自治体のように、枠組みがつくられていくと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る