<第2回>ふるさと納税で特産品を受け取るのも復興に役立つ

公開日:  更新日:

 ふるさと納税の仕組みを使うと、支出する側がそのカネの使途を決めることができる。これが一般的な寄付との違いだ。

「日本赤十字社などの団体を通じた寄付の場合、その資金をどう使うのかは団体の裁量になります。ふるさと納税の場合は違って、使途を決めるのは納税者。教育事業、子育て事業、高齢者対策事業など自治体が用意した選択肢から選べるようになっています。そのため、ピンポイントの支援が可能になります」

 こう言うのは、「ふるさと納税」に詳しいファイナンシャルプランナーの藤原久敏氏。むろん、被災した自治体に納税する場合は復興事業に、となるだろうが、今はまだ「復興支援」という選択肢は見当たらない。

「益城町のように、ふるさと納税の制度はあっても、今は災害情報モードになっていてホームページからも情報を見られない自治体もあります。もう少し落ち着いてくれば、3・11で被災した東北の自治体のように、枠組みがつくられていくと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る