• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第2回>ふるさと納税で特産品を受け取るのも復興に役立つ

 ふるさと納税の仕組みを使うと、支出する側がそのカネの使途を決めることができる。これが一般的な寄付との違いだ。

「日本赤十字社などの団体を通じた寄付の場合、その資金をどう使うのかは団体の裁量になります。ふるさと納税の場合は違って、使途を決めるのは納税者。教育事業、子育て事業、高齢者対策事業など自治体が用意した選択肢から選べるようになっています。そのため、ピンポイントの支援が可能になります」

 こう言うのは、「ふるさと納税」に詳しいファイナンシャルプランナーの藤原久敏氏。むろん、被災した自治体に納税する場合は復興事業に、となるだろうが、今はまだ「復興支援」という選択肢は見当たらない。

「益城町のように、ふるさと納税の制度はあっても、今は災害情報モードになっていてホームページからも情報を見られない自治体もあります。もう少し落ち着いてくれば、3・11で被災した東北の自治体のように、枠組みがつくられていくと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る