バナナが高級品に? 新パナマ病感染拡大で価格ジワリ上昇

公開日: 更新日:

「生産量世界3位のフィリピンに次ぐ4位のエクアドルなど南米では、まだ新パナマ病の“被害”は出ていませんが、可能性はゼロじゃない。国連食糧農業機関も『潜在的なリスクがある』と警告しています」(農水省担当記者)

 そうなったら、いよいよ食卓から遠ざかりそうだ。バナナに豊富に含まれるカリウムが不足すると、疲れやすくなったり、イライラの原因になるといわれる。妙な事件が増えなきゃいいが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  9. 9

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る